水流が弱いこと

トイレつまりの原因としてよくあるのが、水流が弱いことです。トイレの排水パイプは、臭いが上がってこないようにS字型になっています。もしも流すときの水流が弱いと、トイレットペーパーなどがS字型の部分を通過できずに溜まってしまうのです。これがつまりの原因となることがあります。

水流が弱くなってしまう原因としては、節水による水量制限が挙げられます。節水のために水道の元栓を閉めぎみにしていたり、トイレのタンクにペットボトルなどを入れたりして水量を調節しているケースがあります。もしもそのようにして水流が弱まりすぎると、トイレがつまりやすくなってしまうのです。節水をするのは問題ないのですが、水流が弱くなりすぎないように調整したほうがよさそうです。

もしも、水流が弱いためにつまってしまったらどうしたら良いのでしょうか?その場合、バケツに水を溜めて一度に流してみましょう。それで解決しなければ、少し時間をあけてペーパーを溶かし、様子を見つつラバーカップを使うのがいいでしょう。

繰り返しになりますが、節水をするときにはトイレの水流が弱くなりすぎないように調整するようにしましょう。水流が弱すぎるとトイレはつまりやすくなってしまいます。