ペーパーが大量すぎた

よくあるトイレつまりの原因として、ペーパーを大量に流してしまったことが挙げられます。いつもより多めにペーパーを使ったとき、流れずに便器に水が溜まってしまうことがあります。

そうなってしまったときの対処法は、少し時間をあけてからまた流してみることです。トイレットペーパーは、水に溶けるようにつくられています。ですから、少し時間をあけることでパイプ内につまったペーパーが溶け、流れやすくなるでしょう。

5分、10分と、時間をあけて試してみましょう。もしもそれでもダメなら、ラバーカップの出番です。ラバーカップのカップ部分をトイレの穴部分に押し付け、数回引いたり押したりしてみましょう。何か、溶けないものを流してしまったのでない限り、これで解決します。

もしも、水に溶けないものを流してしまった場合。例えば生理用ナプキンやおむつなどです。その場合、パイプの中で水分を吸ってふくらみ、時間が経つにつれて取り出すのが困難になります。この場合は時間をあけたりせず、すぐにラバーカップで解決を試みましょう。ラバーカップでダメなら、ワイヤを使って掻きだしましょう。

トイレには、生理用ナプキンやおむつを流さないように気を付けましょう。また、どうしてもペーパーを大量に使わなければならないなら、途中で何回かに分けて流すといいでしょう。