面倒なトイレのつまり

昭和初期のトイレといえば、今とは違い、汲み取り式が一般的でした。現在では水洗トイレがすっかり主流となり、臭いに悩まされることも、小虫が湧くこともなくなりました。日本のトイレ事情はたいへん便利になったものの、水洗トイレには水洗トイレなりのトラブルも存在します。それは、トイレのつまり。

つまりの原因によっては、時間が経つことで解決されることもありますが、なかには業者を呼んで大掛かりな処理をしなければ解決しないものもあります。トイレはいったん詰まるととても面倒です。つまっている間はトイレが使えなくなりますし、何より、便器の水が溢れたりしたら不衛生です。

ここでは、よくあるトイレのつまりの原因と対処方法について考えます。つまりの原因はひとつやふたつではありません。複数が重なることもあるでしょう。もしもご自宅のトイレに思い当たる節があれば、本格的につまってしまう前に解決しておきましょう。ちょっとした工夫次第でトイレをつまりにくく、使いやすくすることができるかもしれません。

また、環境的にどうしてもつまりやすいということもあります。つまりやすいトイレであることが予め分かっているのであれば、トイレのつまりを取るための道具を準備しておくのもよいでしょう。スッポンと呼ばれる、ラバーカップという道具です。何はともあれ、ここでトイレのつまりの原因について知識を深め、トイレのつまりを引き起こす原因となるものを少しでも取り除いていきましょう。