水流が弱いこと

トイレつまりの原因としてよくあるのが、水流が弱いことです。トイレの排水パイプは、臭いが上がってこないようにS字型になっています。もしも流すときの水流が弱いと、トイレットペーパーなどがS字型の部分を通過できずに溜まってしまうのです。これがつまりの原因となることがあります。

水流が弱くなってしまう原因としては、節水による水量制限が挙げられます。節水のために水道の元栓を閉めぎみにしていたり、トイレのタンクにペットボトルなどを入れたりして水量を調節しているケースがあります。もしもそのようにして水流が弱まりすぎると、トイレがつまりやすくなってしまうのです。節水をするのは問題ないのですが、水流が弱くなりすぎないように調整したほうがよさそうです。

もしも、水流が弱いためにつまってしまったらどうしたら良いのでしょうか?その場合、バケツに水を溜めて一度に流してみましょう。それで解決しなければ、少し時間をあけてペーパーを溶かし、様子を見つつラバーカップを使うのがいいでしょう。

繰り返しになりますが、節水をするときにはトイレの水流が弱くなりすぎないように調整するようにしましょう。水流が弱すぎるとトイレはつまりやすくなってしまいます。


物を落としてしまった

トイレで、うっかり携帯電話やお財布をポケットから落としてしまうことがあります。大きさや形状にもよりますが、まちがってそのまま流してしまうとパイプの奥まで流れてしまい、そこで引っかかってつまりを起こしてしまうことがあります。

そういう時は、まずは落ち着いてパイプをのぞいてみましょう。もしも、かろうじて見える位置にあるなら、ゴム手袋をはめて取り出すことができるでしょう。もしも見えない位置まで流れてしまったなら、真空ポンプクリーナーが効果的です。

逆に、ゼッタイに使ってはいけないのはラバーカップです。ラバーカップはカップ内の水を抜くときにどうしてもポンプ内の水を奥に押し流すことになるため、携帯電話をさらに奥に押しやってしまうことになります。真空ポンプクリーナーなら、パイプ内の水を奥に押しやることなく、吸い取る方向に移動させることが可能。これを活用して携帯電話を排水溝近くまで引き寄せることができれば、ゴム手袋をはめて取り出すことができます。

それでも無理なら、専門業者に依頼して取り出してもらいましょう。ワイヤなどで無理に取りだそうとすると、便器を傷めてしまうことにもなりかねません。携帯電話やお財布など硬いものは、便器に落とさないように注意したいものです。


ペーパーが大量すぎた

よくあるトイレつまりの原因として、ペーパーを大量に流してしまったことが挙げられます。いつもより多めにペーパーを使ったとき、流れずに便器に水が溜まってしまうことがあります。

そうなってしまったときの対処法は、少し時間をあけてからまた流してみることです。トイレットペーパーは、水に溶けるようにつくられています。ですから、少し時間をあけることでパイプ内につまったペーパーが溶け、流れやすくなるでしょう。

5分、10分と、時間をあけて試してみましょう。もしもそれでもダメなら、ラバーカップの出番です。ラバーカップのカップ部分をトイレの穴部分に押し付け、数回引いたり押したりしてみましょう。何か、溶けないものを流してしまったのでない限り、これで解決します。

もしも、水に溶けないものを流してしまった場合。例えば生理用ナプキンやおむつなどです。その場合、パイプの中で水分を吸ってふくらみ、時間が経つにつれて取り出すのが困難になります。この場合は時間をあけたりせず、すぐにラバーカップで解決を試みましょう。ラバーカップでダメなら、ワイヤを使って掻きだしましょう。

トイレには、生理用ナプキンやおむつを流さないように気を付けましょう。また、どうしてもペーパーを大量に使わなければならないなら、途中で何回かに分けて流すといいでしょう。


面倒なトイレのつまり

昭和初期のトイレといえば、今とは違い、汲み取り式が一般的でした。現在では水洗トイレがすっかり主流となり、臭いに悩まされることも、小虫が湧くこともなくなりました。日本のトイレ事情はたいへん便利になったものの、水洗トイレには水洗トイレなりのトラブルも存在します。それは、トイレのつまり。

つまりの原因によっては、時間が経つことで解決されることもありますが、なかには業者を呼んで大掛かりな処理をしなければ解決しないものもあります。トイレはいったん詰まるととても面倒です。つまっている間はトイレが使えなくなりますし、何より、便器の水が溢れたりしたら不衛生です。

ここでは、よくあるトイレのつまりの原因と対処方法について考えます。つまりの原因はひとつやふたつではありません。複数が重なることもあるでしょう。もしもご自宅のトイレに思い当たる節があれば、本格的につまってしまう前に解決しておきましょう。ちょっとした工夫次第でトイレをつまりにくく、使いやすくすることができるかもしれません。

また、環境的にどうしてもつまりやすいということもあります。つまりやすいトイレであることが予め分かっているのであれば、トイレのつまりを取るための道具を準備しておくのもよいでしょう。スッポンと呼ばれる、ラバーカップという道具です。何はともあれ、ここでトイレのつまりの原因について知識を深め、トイレのつまりを引き起こす原因となるものを少しでも取り除いていきましょう。